R01.10.23 『膝関節』のテーマで院内勉強会をしました|明石市でリハビリテーションなら阪田整形外科リハビリクリニックにご相談ください。

診療時間09:00~12:00 / 16:00~19:00

休診日木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ お問い合わせ

0789261118 0789261118

アクセス アクセス

問診票 問診票

トピックス&ワンポイント

R01.10.23 『膝関節』のテーマで院内勉強会をしました

ワンポイント

2019.11.01

((  その中から皆様に役立つポイントを紹介します!  ))

膝関節は下肢の中間にあり、骨性の安定性に乏しく、覆っている軟部組織が少ないにもかかわらず、体重を支えたり、走ったり、跳んだりする運動の中心的役割を果たす関節です。
負荷も掛かりやすく、力学的な障害を受けやすいです。

 

<膝の骨構造、膝の屈伸・荷重>

人体で最も大きな関節で、膝の安定性のほとんどは半月・靭帯・筋肉を中心とした軟部組織に頼っています。

膝関節の動きは屈伸が主体です。歩行時にかかる荷重は大腿脛骨関節(FTJ)で体重の2~3倍、膝蓋大腿関節では0.5倍となり、走行や階段昇降でさらに増加します。特にFTJでは階段昇降時には5倍に増加します。

 

<膝周辺の筋肉>

  • 大腿四頭筋(内側広筋・外側広筋・中間広筋) 大腿四頭筋力低下が著明だと、しゃがんだ姿勢から立ち上がれない。
  • ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋) 緊張が強いと膝の伸展で伸展筋群に過度の負担が生じる。

大腿四頭筋は…【筋力強化が大切!!強化方法が知りたい方はお声かけ下さい!】  
ハムストリングスは…ストレッチが大切!!ストレッチ方法が知りたい方はお声かけ下さい!

<日常生活活動と膝の屈曲角度>

膝の屈曲は多くの日常生活動作に必要です。

■平地歩行

70°の屈曲が必要

 

 

 

■階段昇降

95°の屈曲が必要

95°以上屈曲できないと、一段ずつの昇降になる

 

■椅子からの立ち上がり

105°の屈曲が必要

105°以上屈曲できないと、イスから立ち上がりにくい

 

■自転車漕ぎ

110°の屈曲が必要

 

 

 

■正座

150~165°の屈曲が必要

 

 

 

小山・河野 

(質問・疑問等あれば、いつでも問い合わせてください)

pagetop