熱中症と運動療法について|明石市でリハビリテーションなら阪田整形外科リハビリクリニックにご相談ください。

診療時間09:00~12:00 / 16:00~19:00

休診日木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ お問い合わせ

0789261118 0789261118

アクセス アクセス

問診票 問診票

トピックス

熱中症と運動療法について

トピックス/

2019.07.31

8月トピックス今回は理学療法士が担当します。

 

熱中症とは?

体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能が働かなくなり、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などの症状を引き起こす病気。必ずしも屋外ではなく室内で発症する場合もあり、気温25℃あたりから発症が段階的に増加し、31℃を超えると急増するとされている。

 

熱中症を引き起こす要因として・・・

環境 ②身体条件 ③身体活動、の3つがあり、同じ気温であっても湿度や風速、年齢、体力、運動方法によって熱中症の起こりやすさが異なります。

 

熱中症の症状

・めまい、立ちくらみ、顔のほてり、筋肉痛、こむら返り、手足のしびれ
・倦怠感、気分不良、吐き気、嘔吐、発汗多量、頭痛、高体温
・頻脈、血圧低下、意識障害、歩行困難など

 

高温時の運動療法の指針

気温24~28℃『注意、積極的に水分補給』、気温28~31℃『警戒、積極的に休息
気温31~35℃『厳重警戒、激しい運動は中止』、気温35℃以上『運動原則中止

・人にとっての暑さは、気温だけでなく湿度や周囲の環境(アスファルト上、体育館、温室)により異なる。

 

高温環境での運動中の熱中症予防法

  1. 服装は薄着、通気性の良いもの、運動前から体調不良があればその日の運動はやめる。
  2. 運動は軽め、短時間で休憩回数を増やす、休憩時衣類をゆるめ、風を入れ体温を下げる。
  3. 休憩、水分補給は気温28℃以上で30分ごと、31℃以上は10~15分に行うのが目安。
  4. 気温31℃以上は高齢、肥満者、高リスク患者などでは運動を中止する。
  5. 若年者でも持久走・激しい運動はせず、軽い運動に。35℃以上では運動療法は中止する。
  6. 室内で、冷房のない体育館などでは熱中症に注意が必要。冷房が効いた室内は運動可能。
  7. 運動開始後に気分不良やめまいを感じたら、すぐに運動を中止する。

 

熱中症の応急処置

  1. 涼しい環境に移す・・・風通しの良い日陰、クーラーの効いている室内など。
  2. 脱衣と冷却・・・衣服を脱がせ、体内の熱を外に出す。皮膚に水をかけ、うちわや扇風機で仰ぎ、氷嚢で頚部、腋窩部、股関節を冷やし、体温を下げる。
  3. 水分と塩分を補給する・・・経口補水液やスポーツ飲料など。

       


※何か分からない事があれば気軽にお聞き下さい。

理学療法士 一同

pagetop