令和元年5月15日 「栄養について」院内勉強会をしました。|明石市でリハビリテーションなら阪田整形外科リハビリクリニックにご相談ください。

診療時間09:00~12:00 / 16:00~19:00

休診日木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ お問い合わせ

0789261118 0789261118

アクセス アクセス

問診票 問診票

トピックス&ワンポイント

令和元年5月15日 「栄養について」院内勉強会をしました。

ワンポイント

2019.05.21

皆様に知っていただきたい『ワンポイント』は下記になります。

↓ ↓ ↓

〇身体作りに必要な5大栄養素
・炭水化物 ・タンパク質 ・脂質 ・ビタミン ・ミネラル

 

①炭水化物(効率が良いエネルギー源)
玄米、そば、全粒粉パン、ライ麦パンなど茶色い炭水化物を摂取されるといかがでしょうか?

・欠乏:低血糖症  ・過剰:肥満、生活習慣病

②タンパク質(体の線維を構築・酵素やホルモンの材料)
牛、豚、鶏肉をバランスよく摂取し、ビタミンの偏りを防ぐようにしましょう。

・欠乏:免疫力低下、成長不良(子供の場合)、精神疾患、不眠
・過剰:腎臓に負担

③脂質(第二のエネルギー源、体温の保持)

・欠乏:肌荒れ、便秘、月経不順
・過剰:肥満、血管疾患

④ビタミン(タンパク質と結合している事が多い、身体の健康を維持)

 脂溶性ビタミン 

・欠乏:ビタミンA:夜盲症、免疫能低下 ビタミンD:くる病、骨軟化症 ビタミンE:神経機能低下、筋無力症 ビタミンK:血液凝固遅延
・過剰:ビタミンA:筋肉痛  ビタミンD:高カルシウム血症、腎障害、軟組織の石灰化障害

水溶性ビタミン 

・欠乏 ビタミンB₁:倦怠感、脚気 B₂:口内炎、脂漏性皮膚炎 ナイアシン:ぺラグラ(皮膚炎など) B₆:動脈硬化性血管障害など 葉酸:巨赤芽球性貧血 B₁₂:悪性貧血 ビオチン:発疹等の皮膚障害 パントテン酸:皮膚炎、副腎障害、末梢神経障害 ビタミンC:壊血病
・過剰:ナイアシン:皮膚発作作用 ビタミンB₆:神経障害

⑤ミネラル(無機質) 身体の臓器や組織の色々な反応を円滑に働かせる為に必要なもの。

・欠乏 カルシウム:くる病、骨粗鬆症等 マグネシウム:神経疾患、不整脈など 鉄:鉄欠乏性貧血 亜鉛:成長障害、食欲不振 セレン:心筋障害
・過剰 カルシウム:泌尿器系結石の形成 マグネシウム:下痢、高マグネシウム血症 
鉄:胃腸障害  亜鉛:神経症状、免疫障害など マンガン:大量吸入・中毒等で神経障害 セレン:催奇形性など クロム:嘔吐、腹痛など

あなたはどのタイプですか?

※体質・ライフスタイル別食事法

糖質過剰タイプ

炭水化物を制限する 吸収を緩やかにする為野菜から食べる
タンパク質と脂質はしっかりと摂取する

脂質過剰タイプ

1日の摂取エネルギーは男性1800~2200kcal 女性1400~1800kcal
ポリフェノールを摂取する(トクホのお茶)

・代謝不良タイプ

先にタンパク質から多く摂る 水分は1,5~2を目安に摂り、軽い運動をする

ビタミン ミネラル不足タイプ

タンパク質をメインでビタミンも摂取する 発酵食品にて腸内環境を整える
ナッツ類、乳製品、海藻類を摂取する

 

※何か分からない事があればスタッフまでお声かけください!     担当 松山 笠井

pagetop