H30.8.8 「股関節周囲の筋肉」について勉強会を行いました。|明石市でリハビリテーションなら阪田整形外科リハビリクリニックにご相談ください。

診療時間09:00~12:00 / 16:00~19:00

休診日木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ お問い合わせ

0789261118 0789261118

アクセス アクセス

問診票 問診票

トピックス&ワンポイント

H30.8.8 「股関節周囲の筋肉」について勉強会を行いました。

ワンポイント

2018.09.10

「股関節安定化筋」

大腿骨頭の角度は約125°であり、この方向に対し張力を発揮するのは梨状筋が挙げられる。梨状筋は、仙腸関節と股関節をまたぐ2関節筋であるため、仙骨の固定がなければ股関節の安定化筋としては働きにくい。
そのため股関節を安定させるシステムとして、他の筋の合力で大腿骨頭を寛骨臼に押し込んでいる。この時に働くのが股関節安定化筋である。

①の方向に運動したいが筋肉が小さく①のみを鍛えることが難しい。そのため②と③の方向の筋肉を鍛える事で①の正しい方向に導いていきます。

「訓練方法」

上記②の外転筋の運動は、下の股関節外転(中殿筋)を行う。

※股関節外側やや後方がしんどくなる。

上記③の外旋筋(深層外旋六筋)・恥骨筋(内転筋)の運動は、下の股関節内転(恥骨筋、短内転筋)、股関節外旋運動90°パターンを行う。

・股関節内転運動

※下側の股関節内側付け根がしんどくなる。

・股関節外旋運動90°パターンを行う

※何かわからない事があれば気軽にスタッフまで聞いて下さい。

担当 松山 小山

pagetop