令和3年9月 肘関節の機能解剖と肘関節小児疾患について勉強しました|明石市でリハビリテーションなら阪田整形外科リハビリクリニックにご相談ください。

診療時間09:00~12:00 / 14:00~16:00 / 17:00~19:00
※水曜日は診療時間が異なります

休診日土曜午後・木曜・日曜・祝日

お問い合わせ お問い合わせ

0789261118 0789261118

アクセス アクセス

問診票 問診票

トピックス&ワンポイント

令和3年9月 肘関節の機能解剖と肘関節小児疾患について勉強しました

ワンポイント

2021.10.27

1.肘関節の骨性構造

肘関節は上腕骨遠位端と尺骨及び橈骨の近位端からなる

① 腕尺関節

蝶番関節で上腕骨軸に対し関節面が7°外反6°内旋している

肘外偏角 肘関節伸展、前腕回外位で上腕と前腕のなす角度。肘外偏角があることで、水の入ったバケツを持ったり、肘を曲げて手を口に持っていける

② 腕橈関節

球状関節で、外反を矯正された時の二次的な安定装置である

③ 近位腕尺関節

車軸関節で、前腕の回内回外運動を可能にする

 

 

 

2.肘関節の靭帯

内側の内側側副靭帯外側の外側側副靭帯、尺骨と橈骨を連結する輪状靱帯が重要

 

 

 

 

 

 

 

 

3.肘関節の運動にかかわる筋

① 肘を曲げる筋 上腕筋、上腕二頭筋、腕橈骨筋がある

② 肘を伸ばす筋 主に上腕三頭筋が働く

③ 前腕を回内する筋 最初に回外筋が働き、上腕二頭筋も補助的に働く

④ 前腕を回内する筋 最初に方形回内筋が働き、次に円回内筋が働く

 

4.肘関節周囲の神経

①正中神経 ②橈骨神経 ③尺骨神経 がある

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見られる小児の肘の疾患をご紹介します

 

5.肘内障

2から6歳の小児の手を急に引っ張る時に発症する。肘に腫脹はないが、動かそうとすると痛がり、患肢を下垂し、肘を曲げようとせず、触れられるのを嫌がる。肩を広げることも嫌がるため、肩の脱臼と勘違いすることもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6.野球肘

10~16歳、ピッチャー、キャッチャー歴のある少年によく見られる。

症状の部位により3つに分類される

①内側型 内側側副靭帯の牽引力による剥離骨折、靱帯損傷

②外側型 上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎、関節内遊離体

③後方型 肘頭骨端線閉鎖遅延、肘頭疲労骨折、骨棘形成

予防は、投球数の制限、早期発見と治療期間の投球禁止が重要

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはお近くのスタッフにお尋ねください。

担当:笠井 森岡

pagetop