「骨粗鬆症の内服薬・注射薬」について勉強会を行いました。|明石市でリハビリテーションなら阪田整形外科リハビリクリニックにご相談ください。

診療時間09:00~12:00 / 16:00~19:00

休診日木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ お問い合わせ

0789261118 0789261118

アクセス アクセス

問診票 問診票

トピックス&ワンポイント

「骨粗鬆症の内服薬・注射薬」について勉強会を行いました。

ワンポイント

2016.10.26

薬物治療の開始基準

sakata

若年成人比較=若年の平均骨密度を100%として、被検者の骨密度を出したもの

FRAX10年以内の骨折発生リスク

※当院にもFRAX計算機が設置されているのでご自由にお使いください!

治療薬 骨粗鬆症の治療薬は、作用によって3種類に分けられる。

 

1.体内のカルシウム量を増やす薬

☆ カルシウム薬 (アスパラCA錠など)

☆ 活性化ビタミンD3製剤

(アルファロールカプセル・ワンアルファ錠・エディロールカプセルなど)

2.骨の形成を促進する薬

☆ ビタミンK2製剤 (グラケーカプセルなど)

☆ 副甲状腺ホルモン製剤<PTH>(テリボン注射など)

3.骨吸収を抑制する薬

☆ 女性ホルモン製剤

☆ SERM<選択的エストロゲン受容体モジュレーター>(エビスタ・ビビアントなど)

☆ ビスホスホネート製剤 (ボナロン・アクトネル錠・ベネット錠・ボノテオ錠・ボンビバ注射など)

☆ ヒト型抗RANKLモノクローナル抗体製剤(プラリア注射)

☆ カルシトニン製剤 (エルシトニン注射)


SERM・テリボン注射・エディロールカプセルは、骨密度上昇と椎体骨折の予防効果がある
プラリア注射・ビスホスホネート製剤においては、上記以外に大腿骨近位部骨折やその他の骨折予防にも有効である。

骨粗鬆症治療薬の有効性の評価(骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版)より

骨粗鬆症は、骨の生活習慣病

■食事

  • 骨の材料となるカルシウム(カルシウム製剤に関しては、500mg/回の服用で心血管障害のリスクが高い)
    <乳製品、小魚、干しエビ、小松菜、チンゲン菜、大豆製品など>
  • 骨代謝を盛んにするビタミンD
    <サケ、サンマ、イサキ、カレイ、シイタケ、キクラゲなど>
  • 応骨の形成を促すビタミンK
    <納豆、ホウレン草、小松菜、ニラ、ブロッコリー、キャベツなど>

十分に摂取するように心がけましょう。

■運動
ウォーキング、ジョギングなど体重をかける運動が骨密度増加のために有効です。階段の上り下りをする、適度に太陽光を浴びながら散歩を楽しむといったことでも 十分に効果があります。

hone

食事や運動とともに治療薬をうまく取り入れ、
骨粗鬆症の予防・改善をしましょう

看護師 中井・水島

pagetop