研修会への参加|明石市でリハビリテーションなら阪田整形外科リハビリクリニックにご相談ください。

診療時間09:00~12:00 / 16:00~19:00

休診日木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ お問い合わせ

0789261118 0789261118

アクセス アクセス

問診票 問診票

院外研修会

研修会への参加

院外研修会

2014.03.15

平成26年3月15日(土)に大久保病院で行われた明石運動器リハビリテーション研究会による定例勉強会に参加しました。

テーマは「肩関節疾患の診かた2 腱板断裂を中心に」でした。
腱板断裂とは、肩関節に痛みや肩が挙がらないなどの症状をきたす疾患で中年以降に多く発生します。

発生すると、肩の力が弱くなり・服の着脱が困難・高い場所にあるものを取れない・痛みで眠れないなど日常生活で必要なことが予想されます。
まず、講義では大久保病院 立原久義先生から・腱板周囲の解剖・腱板断裂の発症メカニズムについて最新の知見や実際の手術手技の動画を交えて説明がありました。

立原先生は整形外科医の先生ですが、理学療法士でも知っておくべき解剖や知識について詳しく解説して頂きました。
次に、船橋整形外科病院 鈴木 智先生から腱板断裂に対する評価と治療についての説明がありました。

腱板断裂の発生要因、問題点の重要度や評価では・画像のみかた・問診・視診・触診・姿勢・運動機能検査など実技も交えながら評価技術を教えて頂きました。

医師と共通の認識、治療目標を計画することは、患者様により良い治療を提供するために必要であり、医師が行っている手技や考え方を直接聞くことができて、理学療法士も評価、治療技術をより向上していかないといけないと感じました。

阪田整形外科リハビリクリニック
理学療法士 古賀田 万典

pagetop