ワンポイントアドバイス

11月のワンポイントアドバイス パーキンソン症候群」

2015/12/03

11月11日(水)に院内研修会で「パーキンソン症候群」について勉強しました。

ポイントを紹介させていただきます。

 

「パーキンソン病」と「パーキンソン症候群」

 

パーキンソン病は?

脳の黒質という部分の神経細胞が減ってしまい、そこで作られるドーパミン(動作をなめらかに行うために必要な脳内物質)が減少することで起こる進行性の病気です。

なぜ黒質の神経細胞が減るのか詳しい原因は不明で、根本的な治療は確立していません。

パーキンソン症候群は?

パーキンソン病とは別の原因で、パーキンソン病と同じような症状をきたすものをいいます。

脳腫瘍や脳卒中などの脳の構造的障害、アルツハイマーなどの神経の変性によるもの、薬剤の副作用からくるものなど 原因が明確です。

 

つまり、「パーキンソン病」と「パーキンソン症候群」は

原因は異なりますが 同じような症状が現れます。

 

■ヤールの分類(障害の程度に分けた分類)

ステージⅠ〜Ⅱ(一測性〜両側性):症状は軽度 簡単な家事やスポーツなど

ステージⅢ(軽度〜中等度):転倒の危険性あり。住環境整備必要

ステージⅣ(高度障害):日常生活に介助必要

ステージⅤ:寝たきり状態:日常生活に全介助が必要

*ステージに応じたリハビリテーションを行っています!

 

〜特徴的な症状〜

無動

動作の開始が困難
動作がゆっくり・小さくなる
ニューステップ

安静時の振戦

手足が震える

ニューステップ

姿勢保持反射障害

バランスがとりづらくなる

ニューステップ

筋固縮

筋肉のこわばり
無表情
ニューステップ

イラスト:ウィキペヂア・協和発酵キリン医療関係者向けサイトより抜粋

ご家族の協力と理解が大切です

■ポイント
*ご自分でできることはやりましょう(着替え・入浴・家事など)

*趣味を楽しみましょう(カラオケ・旅行など)

*外出しましょう(散歩など)

*無理のない程度に行いましょう!

ご不明な点は、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

担当:看護部