ワンポイントアドバイス

10月のワンポイントアドバイス

2015/10/30

「足関節周辺の外傷」のテーマで院内勉強会を行いました。
その中から身近な「足関節の捻挫」についてまとめてみました。

 

足関節捻挫は、

足を底屈(足首から先をすねからまっすぐにすること)して内側にひねった状態で、足の甲の外側に体重をかけた時に起こることがほとんどで、

前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい) ・踵腓靭帯(しょうひじんたい) ・後距腓靭帯(こうきょひじんたい) からなる外側靭帯(がいそくじんたい)や二分靭帯(にぶんじんたい)を損傷することもあります。

 

 

10才以下の小児では、
骨折を伴うこともよくあります。
point

捻挫は軽く見られがちでありますが、きちんと治療をしないと後遺症を残すことがあります。

 

靭帯損傷を放っておくと、ぐらつきが残り不安定な状態になり、後々、靭帯再建の手術をしなければならなくなる場合があります。

「たかが捻挫」と軽くみないで、きちんと診断を受け、しっかり治療することが大切です。

症状

  • 足関節外果(外くるぶし)周辺の疼痛や腫れ
  • 外果(外くるぶし)下方に皮下出血班があらわれる
  • 足関節の底屈が制限される
  • 内果(内くるぶし)下端部に腫れ、圧痛を感じることがある

検査

  • 単純X線撮影で骨の異常を確認
  • 関節造影、ストレスX線撮影で靭帯損傷の有無をみる
  • エコー検査で靭帯断裂部位と状態を把握できる

治療

  • 受傷直後の疼痛、腫脹の強い時期にはRICE処置を実行する
  • その後、弾性包帯、テーピング、ギプス固定により安静をはかる
  • 重症の場合に手術を要するケースもあります

※RICE処置  R⇒安静(Rest)
I⇒アイシング(Ice)
C⇒圧迫(Ⅽompression)
E⇒挙上(Elevation)

ご不明な点はお気軽にスタッフまでお尋ねください。
担当 井上・宇城・柴田