院内研修会

SIQ人材育成研修 10回 H27年3月12日

2015/03/12

 

人材マネジメント研修

 

「医療現場での対人技能力向上を図る」

 

第10回テーマ

~ロールプレイングにより気づき、意識行動にかえる~

 

1.第2回の当院のモニタリング調査が行われ、講師から総評をいただいた

・各部の業務はできている

・前回のモニタリングよりも安定した接し方になっている

・患者様への声かけ、あいさつについて

声は出ているが、もう少し丁寧にする方が良い

やや機械的な(ルーチンな)感じがする

もう一歩相手の身になって行ってみては

演じるまではいかなくても、見られている意識を持つこと

 

2.現場に合わせたロールプレイング

大まかにリハビリ、看護、受付などグループに分かれ、患者様役とスタッフ役を決め、

場面設定をして、接遇のロールプレイングを行った。

  • 患者様への接し方、声かけについてはスタッフの中で大まかには同じだが、細かい表現、言い回しが違っており、参考になることが多かった
  • 「わきまえる(弁える)」がキーワード その変化に対応する「弁える気持ち」=「感性」が磨くことが大切
  •  毎日同じような流れの業務でも、状況はすぐに変化する