院内研修会

SIQ人材育成研修第3回(医療現場での対人技能力向上を図る)H26年8月13日

2014/08/13

人材育成研修第3回

『医療現場での対人技能力向上を図る』

~医療接遇の理解~

株式会社JAPAN・SIQ協会

講師 中村 智恵子先生

『研修の目的』

阪田整形外科リハビリクリニックが患者様よりこれからも末永く支持され、また口コミにより、新規の患者様がいらっしゃるようになるために、スタッフが医療人としての対人技能力(患者様を思いやる気持ちの人的表現力=人的サ-ビス)を向上させる。

 

『研修の目標』

患者様への思いやりの気持ち(ホスピタリティ)の表現方法を理解し、目標や理想を具体的に実現できるようになる。

1 医療現場のスタッフとしての誠実さの伝わる身だしなみが意識できる

2 気持ちを表情で伝えることができる

3 いつでも、誰にでも気持ちのよい挨拶ができる

4 想いやりの伝わる態度、動作でテキパキとした対応ができる

5 思いやりのある言葉づかいができる(患者様はもちろんスタッフ間でも)

 

第一印象の重要性

人は五感で物事の良し悪し・好き・嫌いを判断する

 

IMG_0554

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5つのポイントの表現を高めることで、患者様へのおもてなし、治療意欲を向上させるよう努めていきたいと思います。