院内研修会

SIQ人材育成研修第2回(クリニックでの役割を生かして能力向上を図る)H26年7月10日

2014/07/10

人材マネジメント研修

第2回テーマ 「クリニックでの役割を生かして能力向上を図る」

前回の研修(平成26年6月19日)から1カ月経過した

自分の中で何か変わったか、変わらなかったのか?

 

<考え方の変化>

・思考習慣 どのくらいで変われるのか→半年はかかる

・身体習慣 例)タバコをやめる ダイエットを続ける→約3カ月

日記をつける→約1カ月

習慣化するまでは大変

 

1.コミュニケーションワーク

グループでゲーム形式のワークをしながらコミュニケーションの重要性に気づく

<ワークの内容>

いろいろな形のピースを組み合わせることで、パズルのように「ある形」を作る

 

・ルールとして

1)グループのメンバーが個々に1個ずつピースを持つ

2)グループ内で話をしてはいけない

3)グループ内の他のメンバーのピースは触ってはいけない

 

用いたピースは図のとおり

IMG_0553

 

 

 

 

 

 

 

6種類のピースを用いて、ある形を作る

 

 

制限時間は10分でワーク開始  しかしどのグループもうまくいかず、ある形を作ることはできなかった。

 

もう一度、制限時間5分でチャレンジ

今度は、お互い相談してもよい。他者のピースを触って動かしてもよい

 

今度はほとんどのグループで、形を作ることができた。

 

答えは「ハート」

IMG_0552

 

 

 

 

 

 

 

<ワークからの気づき>

何故できたのか?            ・チームワークが取れていた

お互い積極的に発言できていた →        自己中心的な人はいなかった

・言いやすい雰囲気であった

 

話さない人、自分の意見を持たない人 → 事なかれ主義 自己防衛本能が高い

「代表」という立場を避け、大衆の中の一人でいたい

責任をとりたくない

 

仕事でもそうなのではないか? → 話さないと目的や目標は得られない

 

2.前回からの変容発表

グループの中の代表者が発表 自分の変わった点、職場の雰囲気の変わったことなど

それぞれ意見が出た。

 

職場のスタッフ間や現場(患者様に対して)でのコミュニケーション

変化はまだ分からないが、より傾聴を心掛けるようになった

 

3.自分の仕事の棚下ろし

各自、1週間、朝から夜まで、時系列に自分の仕事の内容を挙げ、表に記載