院外研修会

医療事故の要因は

2014/07/04

平成26年6月26日(木)  明石医療センタ-
佐藤 和弘先生の多職種のコミュニケ-ションエラ-を防ぐ『たったひとつのシンプルな技術』ノンテクニカルスキル研修に参加しました。
参加者 常務理事、大谷、長瀧、田崎、川真田、水島
☆医療事故の要因は、医療技術(テクニカルスキル)よりも非医療技術(ノンテクニカルスキル)が要因となって起こる。

1位 確認を怠った
2位 観察を怠った
3位 判断を誤った

☆ノンテクニカルスキルが必要な3つの領域

安全: 医療安全や医療事故に関連して重要性として認識される
効率: 意思決定やコミュニケ-ションの効率化を通じて現状をよくする
変革: 常識や習慣の壁を破って新しい価値を創り出し組織を変えてい

☆ノンテクニカルスキル=合理的にものを決める能力

思考技術: 合理的に考える
伝達技術: 合理的に伝える
議論技術: 合理的に決める
管理技術: 合理的に動く

☆実践的なノンテクニカルスキルの4つのチカラ
考えるチカラ: 物事を論理的、客観的に理解する
伝えるチカラ: 自分の想いを届ける
決めるチカラ: 組織で議論し正しい答えを見つけ出す
動かすチカラ: ビジョン、ミッションのもと戦略的に組織を動かしていく

私の心に一番響いたのが、『大切なことってなに?』『それって何のため?』『それって誰のため?』の『重要思考』でした。

感想

・ 人と人との関わりが大きく影響する医療現場で日常の慌ただしさで、業務的に流されてしまい、思い込みで行動するのではなく、物事を様々な視点で考えて、色々な状況を想定しながら取り組み、現状を改めて見直す良い機会になりました。
・ 医療安全とは、大事なことは何なのか、相手にとって何か大事なのかを整理し周知する。
・ 全ての患者様の望みを完璧に叶えるということは難しいことだと思いますが、患者様の思いをできるだけ叶えることが大切だと思います。目に見える部分だけではなく、その患者様を取り巻く全てのことに目を向け考え、その患者様に寄り添える看護やケアが実践できるように努力したいです。