整形外科

整形外科

腰痛、肩こり、捻挫、打撲、切り傷、巻き爪など、このような症状は、筋肉と骨を診察・治療している整形外科で扱っています。
つまり、背骨・手・足など全身の運動器官の病気や外傷を専門としています。そして整形外科の治療は、単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目的としています。
ケガの受傷後や慢性の関節の障害の場合、残った機能を最大限に活用して、元の状態にできるだけ近く機能を回復させるために、リハビリテーションが必要となります。
また、運動機能の障害だけでなく、痛みを主とする疾患(神経痛や関節リウマチ)の治療を行うのも整形外科の主要な仕事です。

切り傷・擦り傷・打撲・突き指・巻き爪・骨折・捻挫・テニス肘・野球肘・ジャンプ膝・肉離れ・四十肩・五十肩・ぎっくり腰・首が痛い・腰が痛い・頭痛がする・膝が痛い・手足がしびれる・関節が痛い・関節を動かしにくい・歩きにくい・こけやすい・長時間動くと疲れやすい・つまづきやすい

変形性膝関節症について

老化や肥満、外傷など様々な負担により、膝の軟骨がすり減ったり変形したりすることが原因で膝痛を生じる疾患です。女性では50歳代以上の肥満気味の方、男性では60歳代以上の方に多くみられます。中高年になって「膝が痛くなる病気」の代表ともいえます。
変形性膝関節症は通常、膝の上の骨である大腿骨と、下の骨である脛骨の間に多く起こります。
症状が進むと痛みが強くなるだけでなく、関節はさらに変形し、硬くなって曲げ伸ばしに支障をきたします。階段の昇り降りは勿論、平地歩行でも痛みを感じることがあります。痛みは安静にしていると軽減しますが、痛みを治療しないでいると徐々に変形が進行し痛みも増していきます。
治療は電気をかけたり、ヒアルロン酸の注射をしたりしながら対症療法を行い、痛みがひどくなったり、一定の年令に達すると手術をすすめることもあります。また膝関節に掛かる負担を減らす目的で、大腿四頭筋(太ももの筋肉)を鍛える運動を勧めることがあります。